個性的なデザインの結婚指輪が欲しい人のために | 手作り結婚指輪ブランド解説

HOME » 手作り指輪ブランド解説 » 個性的なデザインの結婚指輪が欲しい人のために

個性的なデザインの結婚指輪が欲しい人のために

個性的な結婚指輪の条件とは?

「せっかくの結婚指輪なのでできるだけ個性的なものが欲しい」という人も多いでしょう。

しかし、個性的な指輪とはどのようなもののことを言うのでしょうか。

簡単に言うと「人とかぶらないデザイン」「ほかでは見たことのない指輪」が、「個性的な指輪」だと思います。

具体的には、複数の素材を使用しているものや、宝石の使い方にこだわりがあるものなどのことでしょう。

素材で個性を出す

まずは、素材で個性を出す方法があります。

日本人の多くは、プラチナの結婚指輪を選んでいます。

その中でピンクゴールドやイエローゴールドの結婚指輪を選ぶだけでも、個性的と言えるでしょう。

「周りにゴールドの結婚指輪をつけている人がいる」という場合は、プラチナやゴールド以外の素材から選んでみるか、プラチナとゴールドを組み合わせたコンビネーションリングを選ぶのもおすすめです。

宝石で個性を出す

結婚指輪にあしらう宝石で個性を出すのもよいでしょう。

結婚指輪と言えばダイヤモンドのイメージが強いですが、代表的なホワイトダイヤモンドではなくブルーダイヤモンドやブラックダイヤモンドにしてみるのはいかがでしょうか。

また、ダイヤモンドではなくルビーやサファイヤをあしらったデザインも個性的です。

どうしてもダイヤモンドを使いたい場合は、形や留め方が珍しいものを選ぶのもよいでしょう。

小さめのダイヤモンドが等間隔に留められた指輪なども、珍しくておすすめです。

デザインで個性を出す

デザインで個性を出すのが最も分かりやすいでしょう。

例えば、表面に彫りが施されたものや、つや消し加工で仕上げたものなどは、個性を感じられます。

また、ミル打ちのデザインでさり気なく個性を出すのもよいでしょう。

「パッと見は分からないけれど、よく見ると個性を感じられる」という指輪は、人からも羨ましがられることが多くなっています。

形状としては、ストレートデザインよりウェーブデザインやV字デザインのほうが個性が出やすいでしょう。