結婚指輪の国内ブランドは日本人にピッタリ | 手作り結婚指輪ブランド解説

HOME » 手作り指輪ブランド解説 » 結婚指輪の国内ブランドは日本人にピッタリ

結婚指輪の国内ブランドは日本人にピッタリ

ブランドの結婚指輪はどんなもの?

世の中に出回っているブランドの結婚指輪の大半は、職人による手作りです。

細かい部分まで作り込まれた結婚指輪は、芸術品と呼んでも差し支えありません。

ただ余程のセレブではない限り、ブランドものの指輪を手にする機会は多くないのが現状です。

そこで世に出回っているブランドの手作り結婚指輪について、解説します。

国内ブランドと海外ブランド

ブランドには「国内ブランド」と「海外ブランド」の2種類あります。

「国内ブランド」は日本で生まれたブランド・「海外ブランド」は海外で生まれたブランドです。

相場は国内ブランドの方が、安くなっています。

海外ブランドの結婚指輪は基本的に海外の職人が手掛けているため、輸入しなければいけません。

指輪に限らず全ての物に当てはまりますが、輸入するのはかなりの手間です。

指輪に使用されているのがサンゴなど、ワシントン条約に引っかかるものなら、かかる手間は倍以上になるでしょう。

物の値段は素材費用だけでなく、店で販売するためにかかる手間費用も含まれています。

国内ブランドは日本人にピッタリ

国内ブランドの結婚指輪の特徴は、日本人にピッタリ合った指輪になっていることです。

手掛けているのは日本人なので、日本人の好みを熟知しています。

また大人しいデザインの中にも繊細さが光るのも、国内ブランドの特徴です。

石も何もついていない指輪でも、よく見ると細やかなデザインが施されています。

細やかなデザイン技術に関しては、海外ブランドよりも優れていると言っても良いでしょう。

海外ブランドはゴージャス

海外ブランドの結婚指輪の特徴は、ゴージャスさにあります。

これでもかというほどにゴージャスなデザインの指輪が多く、おもわず見惚れてしまうほどです。

でも単にゴージャスなだけではありません。

海外ブランドの中には、数百年近い歴史を持つブランドもあります。

歴史を積み重ねたブランドが手掛けた結婚指輪は、芸術品と呼んでも差し支えないほどです。

なぜ世界中に熱心なブランドファンが多いのかを知るには、ブランドが手掛けた結婚指輪に全ての答えが詰まっています。