結婚指輪のブランド | 手作り結婚指輪ブランド解説

HOME » 手作り指輪ブランド解説 » 結婚指輪のブランド

結婚指輪のブランド

海外ブランドと国内ブランド

結婚指輪を取り扱っているブランドを1つ1つ取り上げると、キリがありません。数があまりにも多く、説明しきれないからです。
結婚指輪のブランドは大きくわけて、「国内ブランド」「海外ブランド」の2つに分かれます。2つのブランドの違いを大雑把に説明すると、指輪を作った所が日本か海外かの違いです。「当たり前」と言われると返す言葉もありませんが、当たり前だからこそ、大きなポイントとも言えます。

国内ブランド

国内ブランドは、日本をメインとして展開しているブランドです。主に日本人に向けて作られているので、好みの指輪も直ぐに見つかるでしょう。デザインはド派手なものは少なく、どちらかというと大人しい印象があります。もちろん国内ブランドの結婚指輪でも、ド派手デザインのものもあるので、全部に当てはまる訳ではありません。
ただし派手さは控え目になっている反面、細工がかなり細かいです。手がけた職人の腕があってこその仕上がりであるのは言うに及びませんが、ミクロ単位で仕上げた結婚指輪には、思わず脱帽です。

海外ブランド

海外ブランドは、世界をメインとして展開しているブランドです。日本人は元より世界各国に向けて作られているので、種類は多いです。デザインは派手目のものが多く、思わず見とれてしまう程です。ただし海外ブランドの中には大人しいデザインの指輪もあるので、全部に当てはまる訳ではありません。
値段が国内ブランドと比べると、少し高めになっているのも、海外ブランドの特徴です。輸入という形になるので、どうしてもお金がかかってしまうのです。

結婚指輪は愛情が大事

結婚指輪は左手ではめるものですが、左利きの方の中には右の手にはめる人もいらっしゃるでしょう。しかし結婚指輪の多くは左手ではめることを前提にして作られているので、不便です。
でも結婚指輪の多くは、普段からはめることを前提にして作られているので、右の指にはめても問題はありません。手作りの結婚指輪は何処の指にはめるかよりも、愛情が込められているかどうかの方が重要です。