手作り結婚指輪のブランドってどんなもの? | 手作り結婚指輪ブランド解説

HOME » 手作り指輪ブランド解説 » 手作り結婚指輪のブランドってどんなもの?

手作り結婚指輪のブランドってどんなもの?

ブランドとは?

「ブランド」とは、商標や銘柄を意味します。有名100均で購入したキッチン用品でも、「有名100均」という商標がついたブランドに入ることになります。
ただ今は「ブランド」というと、セレブ達が愛用する高級品の意味があります。そして同時に、品質が保証された確かな物を提供する店の意味も込められています。

海外ブランド

手作りの結婚指輪を提供しているブランドは、日本国内だけでもかなりたくさんあります。海外ブランドも日本に進出し、とてつもない人気を誇っています。
海外ブランドの大半は、ヨーロッパ由来のもの。中には、歴史の偉人を顧客に持っていたブランドもあります。歴史の偉人が愛したブランドだけあって、見た目が華やかな結婚指輪が多く見られました。ヨーロッパ以外では、アメリカのブランドも見られます。国民性を考えると勢いのあるブランドが多いと思いきや、意外とシンプルにまとまっているブランドもあります。日本人の好みのデザインとなっているので、検討してみても良いかもしれません。

国内ブランド

国内ブランドの特徴は、まさしく「メイド・イン・ジャパン」です。「日本で作られているから当たり前では」というツッコミもあるでしょうが、日本で作られているからこそのクオリティを誇っています。
デザインにしても、日本らしく事細かい部分まできっちりと計算されています。結婚指輪を左手薬指につけたときに、どう見えるかまで考慮した上でデザインされていました。しかも海外ブランドと比べると、値段は安いです。コスパを考えるのなら国内ブランドでしょう。

結婚指輪を準備するタイミング

何処のブランドの結婚指輪を選ぶにせよ、問題は「いつから結婚指輪を用意すれば良いのか」でしょう。結論から述べると、「今すぐに」です。ブランドの多くは、職人による手作りです。手作りは時間と手間がかかってしまうので、仕上がりまで待ってもらうしかありません。デザインや状況にもよりますが、目安としては2ヶ月〜3ヶ月前後。
最初のステップとしては、相手に「結婚指輪どうする?」と声をかけることです。